ソーシャルメディア利用宣言

  1. TOP
  2. ソーシャルメディア利用宣言
たちばな信用金庫(以下、「当金庫」といいます。)は、当金庫のソーシャルメディア公式アカウントの運営および当金庫の役職員のソーシャルメディアへの参加に関して、以下のポリシー(指針)を定め、これを遵守します。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネットやウェブ技術を使い、不特定多数のユーザーによるコミュニケーションを行うことを可能とするメディアをいいます。

ソーシャルメディアポリシーの目的

本ポリシーは、公式アカウントを運営するすべての当金庫役職員(非正規職員を含みます)がソーシャルメディアに参加するにあたり、ご利用いただく方(以下、「ご利用者」といいます)との良好なコミュニケーションを実現するために遵守すべき姿勢並びに行動について定めるものです。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

当金庫の役職員は、ソーシャルメディアに発信した情報が広く一般に公開され、一度発信した情報は完全に削除することができないことを理解し、次の心構えでソーシャルメディアに参加します。
(1)不確かな情報を発信したり、誤解を与えたりすることのないように、正しい情報の発信に努めます。
(2)業務上知り得た未公開情報は、一切公開しません。
(3)情報発信や対応に責任をもち、誤解や不快感を与えないように注意します。
(4)著作権、商標権、肖像権などの第三者の権利を尊重し、権利を侵害いたしません。
(5)お客様の個人情報は、法令および当金庫の内部規定に従い、厳格に管理し、適切に取り扱います。
(6)公序良俗に反した発言はしません。

ご利用者へのご案内とお願い

(1)当金庫の役職員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、公式アカウントでの発言を含め、
        必ずしも当金庫の公式発表並びに見解をあらわすものではありません。
(2)当金庫の公式発表並びに見解の発信は、当金庫ウェブサイトやニュースリリースをご覧ください。
(3)ソーシャルメディアにおける情報は、発信時点のものであり、その後変更されることがございます
        ので、ご注意ください。
(4)ご利用者から投稿いただいたコメント等に対し、原則として当金庫から回答は差し上げませんので、
        予めご了承ください。
(5)このソーシャルメディアポリシーは、予告なく変更される場合があります。その場合、すべての改定
        はこのウェブページでお知らせいたします。

平成30年2月9日
たちばな信用金庫